地ビール特集

なかなかセントルイスに春が訪れる気配がありませんが、皆さんいかがお凄しでしょう。

今回は、春に美味しい、というか、どんな季節でも美味しい地ビールが飲める店の特集です。長引く不況のあおりを受けて、ちまたはワインよりもビール。最近では、ワインリストよりも長いビールリストを提供してくれる優良店が数々現れました。是非エンジョイしましょう。

a0105678_12175215.jpg

*実はセントルイスが世界に誇る地元ビール、バッドワイザー。日本では高級ビール?

Schlafly Tap Room (Midtown)

セントルイスが誇る地ビール、シュラフリーの直営店。ミズーリ最初のブリュワリーだそうです。100年以上の歴史を持つビルにオープンしたのは1991年。シーズンごとに異なるビールを各種用意しているので飽きる事がありません。また、季節毎、さまざまなイベントを主催しているので、それを狙って訪れるのも良いかもしれません。先週はオイスター・フェスティバルがあり、大盛況でした。

ただ、普段の食事は割とカジュアルなアメリカンで、ドイツ・メニューもありますが、特にこれといって美味しい訳ではありません。バーガーなどのサンドイッチも特に・・・ ビールが豊富なだけに残念ですが、イベントのときに訪れるのがベストなのでしょう。

尚、ブリュワリーの見学は、マンチェスター・エリアにあるシュラフリー・ボトル・ワークスへ。

a0105678_1211331.gif



Bridge Tap House and Wine Room (Downtown)

セントルイスでナンバーワンのクレープ屋さん、ルースター、そしてラフィエット・スクエア・エリアのチョコレート・バー、ベイリーズのオーナーが先月オープンした系列3号店。

ここは、ワインバーともありますが、断然、タップ・ハウスです。豊富なドラフト・ビールはセントルイスで最多かもしれません。ボトルのリストは数えきれない程。いままで飲んだ事もないようなビールが堪能出来ます。

食事は、ビールに合うメニューを提供していますが、チーズ・ミート・プレートは秀逸です。パスタ各種、サラダ各種、どれも美味しいです。内装もセントルイスとは思えないセンスの良さ。唯一の難は、大きな店ではないので、週末は席に着くまでに待たされる可能性大なこと、駐車するのが大変なこと、そして、2階のダイニングエリアはやたら音が響くため、相手の声が全然聞こえないことくらいでしょうか。

オープンしたばかりなのに、サービスの感じが大変良かったのは意外でした。パトロン層も割とお洒落な連中が多かったのは高感度大。頻繁に通いたいお店です。

a0105678_10541411.jpg


*照明が非常にお洒落なのですが、ちょっと見ずらいのが残念。


The Royale (South City on S. Kingshighway)


a0105678_12133930.jpg


あまり便利なエリアにはありませんが、なかなかな優良店です。数々のパブのなかでもミズーリ州のビールが豊富です。シュラフリーは当然ながら、オファロン・ブリュワリーをはじめ、ブルバード・ブリュイングなど、「こんなビールがあったんだ」と感動します。

非常にリベラルで、飾らない雰囲気が好感度大です。食事は、パブとしては異色ですが、悪くありません。特にバーガーやサラダはなかなかです。値段もリーズナブルなので行きやすいですが、週末はいつも混んでおり、ここも小さな店のため、座れないこともあります。しかも、他の店が周りに全くないので、リスクが高いです。


Newstead Tower Public House (The Grove)

このページにも既に何度か登場しているニューステッド・パブ。ここでも、シュラフリーが中心ですが、数々の地ビールを提供しています。大統領選の頃は、バラッコトーバー・フェスト、今月あたまのセント・パトリックス・デーのときには数々のアイリッシュ・ポーターやスタウトを用意していました。結構、やばいビールを用意しているので、食後の運転には気をつけましょう。ここも、あまり大きなお店ではないので、週末は割と待たされるのが懸念です。

尚、セントルイスのベスト・バーガーに選ばれたと謳ってますが、実は大したことがないように思います。むしろ、ムール貝の煮込み、フィッシュ&チップス、そしてローストチキン(ちょっと値段高めですが)がこのお店のベストアイテムだと思ってます。全くの独断。

パブなのに女性スタッフが多く、皆、フランクで親しみやすいのが嬉しいです。

a0105678_1291556.jpg

[PR]

by medicinelounge | 2010-03-29 11:27 | EAT  

<< ANNOUNCEMENT Burger Updates >>