セントルイスの住宅事情

よく「セントルイスではどの辺に住むのが宜しいのでしょう?」と聞かれることがあります。

(1)治安上の問題

セントルイスは野球のワールドシリーズでもデトロイトに勝って全米一に輝きましたが、治安の悪い街ランキングでも二位のデトロイトを抜いて一位に輝いています。これには統計の取り方上の問題などがあるため、必ずしも全米で一番危ない街ではないと思いますが、治安の問題は重要ですよね。

基本的にはセントルイスは「東低西高」で、フォレストパークをセントルイスの中心と考えると、それより東は治安が悪く、それより西は治安が良いと言われています。ワシントン大学医学部及びバーンズ・ジュイッシュ病院がフォレストパークの調度東に位置しているため、医療関係者部はセントラル・ウェスト・エンド(CWE)と呼ばれる、フォレストパークの直ぐ東のエリアに住みたがりますが、治安は必ずしも良いとは言えません。

ただ、本当に悪いのは、北セントルイス(文字通りセントルイスの北部)と、イースト・セントルイスと呼ばれるミシシッピ河を渡った向かい(ですので正確にはイリノイ州ですが)であると思われます。

また、セントルイス・シティー(フォレストパークの西端を南北に走るスキンカー通りより東)は平均的に治安が悪いため、税金や保険料も高く、特に車の保険はスキンカー通りの西と東では2倍近くも違います。

(2)エンターテイメントなど

東京など、他の大都市から来た方にはセントルイスは相当田舎に映るかもしれませんが、音楽やレストラン・バーなど、実はいろいろあります。エンターテイメントが重要なファクターである人には以下のエリアがいいのではないでしょうか。

ダウンタウン

このエリアは、ロフトと呼ばれる”いけてる”マンションが乱立しており、エンプティー・ネスターと呼ばれる、「子供も卒業したし、余ったお金で第2の人生を楽しもう」的な中年夫婦やヤング・プロフェッショナル、いわゆるヤッピーが多く移住してきています。

家賃はピンキリですが、1ベッドルームで大体800ドルから1300ドルくらいでしょうか。ロフトは建物によってアメニティーが大きくことなり、プールやジムの有無、駐車場の有無、窓の景色などいろいろなオプションがあります。どこも共通なのは天井が高く、工業的なデザインの内装、100年以上も前の建物をここ1-2年の間にリフォームした、といった点でしょうか。

エリア一般にはスポーツ観戦で行くことが多く、ブッシュ・スタジアム(野球)、スコッツデール・センター(ホッケー)、エドワード・ジョーンズ・ドーム(アメフト)などがあります。

また、ナイトライフは、近年の再開発が芽を出しつつあり、以前はダンスクラブが数件あったのみのワシントン通りも今ではバーやラウンジ、カフェなどが溢れています。ただ、週末以外は割りと静かです。

因みに、ダウンタウン近郊にはいくつか名ジャズクラブなどがありますが、その所在地は、自分で行ったことがないのでちょっと分りません。自分で探していくのはリスキーなので知り合いの人に連れて行って貰いましょう。

グラント・ストリート・エリア

割と安くアパートや家が借りれますが、場所柄、主にセントルイス大学関係者が多いのでしょうか。

エリアとしては、セントルイス大学などがある北グラントは、フォックス・シアター、パウウェル・シンフォニー・ホールなど、シアター地区と呼ばれていますが、そんなに大きなエリアではありません。因みに、フォックス・シアター裏にある近代美術館は、セントルイス最大の新聞、ポスト・ディスパッチを持つブリッツアー家が、日本の誇る安藤忠雄に注文して建てたもので、結構立派です(個人的にはそこで展示している芸術がいかんせん理解出来ないのが痛恨ですが・・・)

一方、南グラント(東西を走るアーセナール通りより南)はエスニックなエリアとして知られ、ジェイズ・スーパーと呼ばれるアジア食料品店(ちょっと汚いですが)を始め、あらゆるエスニック料理屋さんがあります。こういった店に歩いていける、コミュニティーっぽい、と好きな人は結構好きなようです。

因みに、お店的には、特に人気があるのは、フォーグラント(ベトナム)、キング&アイ(タイ)、サミーム(アフガニスタン)、カバーブ・インターナショナル(中近東)、ウェイホン(中華料理)などでしょうか。石水と呼ばれるお寿司屋さんも割りと好評です。一番の問題は駐車するのが難しい点でしょうか。そのエリアに住む連中は「全然平気」と言いますが、あまり治安も良いとは思えません。また、高速でなく、細かい道をこねこねと通勤しなくてはならないのも面倒です。

セントラル・ウェスト・エンド


上記の通り医療関係者、そしてナイト・ライフが充実しているため、ゲイの街としても有名ですが、その両方の理由で家賃は割高です。

基本的に、家は昔からのお金持ちの人が多く、あまりレンタル市場には出てきません。ただ、マンションを買おう(一般的に、在住3年以上でないと経済的には不利)という人には物件は結構あります。特に最近ではパーク・イーストなど、医者や家の管理に疲れた高齢者などをターゲットにした高級物件が増えてきていますが、どれも相当割高です。ワンベッドのマンションで30万ドルくらいが相場でしょうか。

また、賃貸マンションは結構豊富で、ピンキリですが、フォレストパーク・ホテル、メトロ・ロフト、モンクレア、パーク・フロンテナックなどは割高ですが便利です。ワンベッドルームで750ドル以上でしょうか。

クレイトン

ダウンタウン再開発前はこここそがセントルイスのビジネス地区として栄えていました(今も充分栄えてますが)。

クレイトン中心部は高級マンションが多く、治安がよい、レストランがたくさん、交通の便もよい、ということで非常に高いです。

ちょっとワシントン大学より、ワイダウン通りやフォーサイス通り近辺は高級住宅街で教授などがよく住んでいますが、古いマンションもたくさんあり、上手く綺麗な物件を見つけれればワシントン大学関係者にとっては非常に魅力的です。ただ、古くて内装もリモデルしてないような物件も大変多く、ひとつひとつ自分の足を潰して廻らないといけないのが難点でしょうか。


ブレントウッド

どこにでも車でいける(駐車場が必ずある)、モールがある、治安が良い、ホームレスがいない、ターゲットがある、ホールフーズがあるなど、アメリカのサバーバン・ライフ(バーブ・ライフ)が好きだけど、ミニバンに子供をたくさん乗せて走るサッカー・ママや、親の高級車を乗り回す高校生とは同じでありたくない、と言う人にはベストな選択でしょう。

無数のタウンハウスが密集するブレントウッド・フォーレストは評判がよく、ワンベッドで800ドルくらいでしょうか。経済的に余裕がある場合は、ブレントウッド・ヴィラはカージナルズの選手も何人かが住む高級マンションです。

(3)オリジナルを探す(応用編)

フォレスト・パークSE

これはバーンズ病院南の再開発地区で、今でこそスラムっぽいですが、これから数年の間に物件の値は必ず上がると思われています。今なら安く家が借りられ、病院には数ブロックなので本当に近いです。

黒人が多い=治安が悪いと思われがちですが、こちらでは年配の黒人が多いだけで、必ずしも治安が悪いとは言えません(殆どの犯罪はティーンエイジャーなど若者が起こすので)。

ガス・ライト地区

こちらはセントラル・ウェスト・エンドの北東。昔は栄えた名住宅街、といっても今は犯罪地区に限りなく近い再開発地域です。

ここでも最近、古きよき建物をリモデルして高級ロフトとして多くをレンタル・販売しています。昔は凄かったんだろうな、と感じさせる芸術的な建物が多いですが、いかんせん、現時点では幽霊化していて、あまり人を見ません。

それでも、こちらも今に値が上がると言われており、新しいロフトもイタリアン・デザインのキッチンなど、スタイルに重きを置く人には面白いエリアかも知れません。

犯罪地区に近いとはいえ、結構1人暮らしの女の子とかもいたりしますが、こればかりはどうにも予測つきません。
[PR]

by medicinelounge | 2007-09-11 15:45 | LIVE  

<< セントルイスで髪を切る(男性版) セントルイス食べ歩き保存版 >>