カテゴリ:LIVE( 4 )

 

セントルイスで車を買う

セントルイスといえば、車がないと何処へも行けません。メトロやバスも一時期は気を吐いていましたが、最近の不況のあおりを受けて、大幅に便数を減らしてしまいました。いただけません。自転車通勤も健康的で環境にやさしいのでしょうが、先日、友人がストップサインを無視したおばさんに跳ねられて入院しました。

ということで、贅沢品というよりは必需品、もはや下駄代わりともいえる自動車の購入について今回は書いて見たいと思います。


(1)新車か中古車か


日本では中古車を買うという習慣があまりありませんが、米国では中古車を買うほうが日常的です。

中古車を買うメリットは、まず安いことでしょう。新車ほど値崩れもしません。リサイクルなので環境にもやさしい!デメリットとしては、壊れるか心配、(ネットなどで実物を見ないで買う場合)臭いかもしれない、何かあっても補償がない、などでしょうか。ただ、最近では中古車でも補償付のものもあり、特にリースあがりの3年ものは人気があります。

新車を買うメリットは、やはり安心感でしょうか。デメリットは、値段が高く、値崩れも激しいことでしょうか。ディーラーの駐車場を出た瞬間に値段が半減するといいます。また、駐車場などであまり目立ってしまうと、お金持ちだと誤解されたり、攻撃の対象になってしまうかもしれません。


(2)ローンかリースか

日本では現金一括払いが当たり前のようですが、こちらでは、少なくとも新車の場合はローンかリースが一般的でしょう。不況のおかげでローンも年率3-5%とお得になっており、頭金なしという店も少なくありません。リースの場合は、月々の支払額は少なくてすみますが、トータルで払う額は大きいです。ただ、3年ごとに車を乗り換えるような人には向いており、3年後に車を売る手間はありません。税金対策などでは遜色ありません。リースといっても、税金は払わされます。


(3)新車ディーラー

ホンダを買うなら Huey's Honda (Lindbergh) でしょう。ここは、感じもよいけど、サービスがすばらしい。まったくぼりません。以前、15万円で買った11年物のシビックを持ち込んだら、最低限の修理だけで「まだ18万マイル?もう2万はいける、すばらしいエンジンだ」と言ってくれました。また、車をサービスに持ち込んだとき、CWEまで無料で送迎もしてくれました。アフターケアがすばらしいという理由だけでホンダ車を買おうと思ってしまいます。

トヨタはより難しいです。セントチャールズ近くにある Papa's Toyota が一番安くしてくれますが、どうも胡散臭いです。そのほかには、Seeger's Toyota (Olive & 270), Wolf (Manchester in West County), Lou Fusz (Manchester in Kirkwood), Ackerman (Kingshighway) などありますが、この中では、Lou Fusz が一番無難だと思います。

マツダならまずLou Fusz (Lindgerb & Olive)でしょう。あらゆるおまけをつけてくれますし、サービスも良いです。間違っても、Bommarito には行ってはいけません。ちょっと人種偏見っぽい感じがあります。

日産はあまり知りませんが、これまたLou Fusz (Lindberg & Olive)なら無難でしょう。

ドイツ車、レキサス、インフィニティーなどは、殆どの人がPlaza Motors (Olive & 270)に行きます。ここは、日本でいうヤナセと一緒で、ある意味独占なので、値段については割りと高飛車です。また、購入時は非常に調子が良いことをいろいろ言いますが、サービスは最悪です。セントルイス中の富裕層(つまり、西に住むひと全員)がここで買うため、予約すら面倒です。

BMWなら、Autohaus of Clayton, Mercedes-Benz なら Tristar Motors (Illinois), Audi & PorscheならParktown (Kirkwood) もチェックしてみるべきでしょう。

ちなみに、ボルボは、Brentwood Volvo (Manchester) は非常に良心的で、間違いありません。サービスも問題ないです。フォルクスワーゲンは、Dean Team (Kirkwood) が独占してますが、あまり悪いことは聞きません。

アメリカ車は、結構安く売ってくれますが、やはりアメ車です。ちなみに、筆者は、2001年に始めてセントルイス入りしたとき、フォードのディーラーにいって、「アメリカに住むのだから、アメリカンなでっかい車を見せてくれ」といったら、「いや、独身なら、燃費の良いこちらでも」とエスコートか何かを見せられ、やる気をなくしたことがありました。


(4)中古車ディーラー


基本的に、どこの新車ディーラーにも中古車部門がありますが、ディーラーから中古車を買う場合は値段が多少割り増しになります。ただ、レキサスやBMWなど、Certified Pre-owned という補償付の中古車は堅実な選択だと思います。

中古車ディーラーでよく聞く店には以下のディーラーなどがあります。

Lou Fusz (Kirkwood, Lindberg, etc) -普通
Dean Team (Kirkwood) -以前いったら、セールスマン同士で喧嘩を始められて困った
Plaza Motors (Creve Coeur) -相当割り増し
Papa's Toyota (St. Charles) -超いい加減ですが、値段は下げてくれる

(5)インターネットで買う

Ebay-種類は豊富で、ピンきりでしょうか。ルームメイトが飲み会後、酔った勢いでオークションしたら、間違って勝ってしまい、シカゴまでChrisler New Yorker というおばあさん用の車を1500ドルで買いにいったことがあります。実物はでこぼこが多く、中も犬の臭いがした上、セントルイスまでの運転中、ボンネットから煙が出てました。それでも5年乗りつぶしてました。街での注目度120%。お買い得でした。

Craigslist-最近、多いようです。使いなれている人には人気あるようです。けど、車を見に行ったり、メールをひっきりなしに交換するなど、面倒臭さそうです。

Carmax.com-割とお買い得ですが、評判はまちまちのようです。ネット上の車を注文すると、最寄の倉庫まで送ってくれ、そこまで買いに行く、というものです。ちなみに、セントルイスからだと、カンザスシティー近くまで行かないといけません。

Carsoup.com-東海岸ではよく聞きますが、売るときはすごく簡単なようです。勝った人はしりませんが、年配の、売るのが面倒だ、という人が結構よい車を売ってるので、試してみる価値はあるかもしれません。


(6)値段交渉について

基本的に、アメリカでは交渉不可能なものはありませんが、中古車は交渉アイテムのなかでもその最たるものです。是非、交渉しましょう。

絶対してはいけないこと:
(a) 初日に買う。欲しくても、「いえ、いりません」といって帰りましょう。必ず値段を下げてきます。本当に帰ったら、後日メールか電話がくるはずです。
(b)ディーラーの部屋で、本心を語る。よく、セールスマンは、「マネージャーと相談してきます」と部屋を出て行きます。この間、自分たちだけだからといって、間違っても「本当は2万ドルまで出してもよいんだけどな」などと漏らしてはいけません。その部屋は盗聴されています。ディーラーは自分の部屋だから盗聴しても違法ではないのです。
(c)向こうのファースト・オファーを受け入れる。たとえ、それが自分の思った値段でも、オプションをつけるなど、必ず一度は向こうのオファーをリジェクトしましょう。


(7)その他

中古車は、基本的には広告(新聞、ネット、クレイグスリストなど)で探し、オーナーから直接買うほうが安いですが、「もしも故障者(レモン)を買わされたら?」という心配はつきません。

個人的なお勧めは、ワシントン大学構内(医学部、ビジネス・スクール、ロー・スクール)にある掲示板を使うことをお勧めします。基本的には「問題があったから売る」のではなく、「引っ越すから売らざるを得ない」場合ば多いからです。

ちなみに、日本人の場合、こちらに派遣でこられている方々で、前任者から引き継いだ、というタイプの車が一番問題に直面している可能性もあります。基本的に、最初の方が「なるべく安いのを」と買った車を、代々ケリー・ブルーブック(中古車の相場の本)通りの値段で「楽だし、日本人はきれいに乗るから」と買ってしまい、問題があっても、自分も数年しかいないため、適当につぎはぎしてまた売る、というパターンが多いようです。いろいろと過去に愚痴を聞いたことがありますが、本当のところはどうなのでしょう?皆さんのお話を是非お聞かせ下さい。

ちなみに、私は、数年前、医学部構内の掲示板で、1500ドルという10年もののシビックを見つけ、スウェーデンから来ていた研究者から「窓にヒビが入っているから」と1200ドルで買いました。一応、買う前にホンダのディーラーで点検して貰いました。結局、購入してから3年間のりましたが、ニュージャージーまで片道18時間の往復もこなし、非常に頑張ってくれました。「出来の悪い子供ほどかわいい」といいますが(引用「サザエさん」)保険料も安く、税金も殆どタダ。燃費も最高。今までで一番お得な買い物でした。
[PR]

by medicinelounge | 2009-05-04 12:08 | LIVE  

歯医者さん

一般に、アメリカの歯医者さんは日本よりもレベルが高いと言われています。ただ、それが技術的なものなのか、インフォームド・コンセントなどシステムがしっかりしている、というものなのかは今一解りません。

今まで、アメリカでは(1)サンフランシスコで親知らずを抜いたり、(2)セントルイスで年2回の歯の健康チェックおよび(3)数年前に子供の頃に詰めた歯が詰め物の奥で虫歯になっているということでその治療をしたことがあります。

個人的にはあまり悪い経験をしたことはありません。子供の頃大嫌いだったあのドリルのような音と「本当に麻酔したのか?」と疑うようなあのしみる痛みも、そういえばこちらでは経験したことがありません。ということはそんなに悪くはないのかも知れません。

ただ、問題は歯科保険でしょうか。学生で来る場合、学校の保険は殆ど目や歯は含まれていません。ただ、ワシントン大学など、学生用の歯医者さん割引カードを提供しているところは少なくないようです。

以下に、私が個人的にいった、又は友人が実際にいった歯医者さんを紹介します。


Premier Dental Partners (Central West End) (314) 367-7702

以前は日系人の先生もいらっしゃいましたが、ハワイか何処かへ行ってしまったようです。こちらでは年2回のスクリーニングにいっており、主治医制度ですが、複数の先生がいるので、どの先生になるかは分かりません。実際の歯石取りなどは助手さんがします。

割と人気があるので、結構予約が大変ですが、直前のキャンセルが良くあります。因みに、自分が連絡なしでキャンセルするとキャンセル代が取られます。

どちらかというと歯科に於ける内科のようなところで、大きな処置が必要になると、向かいの外科的歯医者さんか、ワシントン大学の歯医者さんを紹介してくれます。

スクリーニングは保険なしでいくと$100くらいだったと思います。ディスカウント・カードは使えませんでした。


Francis Kubik (Central West End)  (314) 361-7700
4625 Lindell Blvd # 400
St Louis, MO 63108

こちらはディスカウント・カードが使えるので行きました。最近、オフィスを新しい建物に引っ越したようです。スクリーニングは割引して$80くらいでした。

典型的なセントルイス育ちの先生は非常に感じよく、助手さんの手技も、施設も問題なかったです。もしまたいく必要が出来たらここへいくと思います。


Forest Park Dental (Central West End) (314) 367-7200
4527 Forest Park Ave
St Louis, MO 63108

フォレスト・パークぞい、病院のはす向かいにあります。建物も立派で、友人によると施設も立派だそうです。

何年ぶりかにスクリーニングで言った友人は、超音波で歯肉を調べ、徹底的に歯石をとってくれたそうです。但し、ハイテクに驚く一方、その値段にも仰天していました。

先生は非常に感じよかったそうですが、ちょっと営業っぽいところもあったそうです。
[PR]

by medicinelounge | 2007-09-25 03:04 | LIVE  

セントルイスで髪を切る(男性版)

これはベトナムの屋台でバナナの皮に包まれた何かを食べるのと同じくらい危険な行為かもしれません。ただ、伸びてしまったものは切らざるを得ません。

解決策としては3つ:
(1)日本に一時帰国するまで待つ
(2)NYやシカゴなどに行ったときに切る
(3)腹を決めてセントルイスで済ませる

(3)を選ぶ場合は、以下の3オプションがあります。

日本語でいく

Manchester 通り沿い(Brentwood の近く)にあるCustom Hair International では沖縄出身のおばちゃんがチップも入れて$20以下で切ってくれますが、相当アメリカンな短髪ワン・スタイルのみです。アメリカに居る分には普通なアジア人ヘアーカットです。

因みに、筆者は、6年前にカラーリングを勧められ、しょうがなくお願いしたら、赤毛のアンのようにされ、「これでは仕事が出来ない」とやり直しをお願いし、結局一晩で3回もカラーしなおし、最後はよく分からない色で諦めた経験あり。

また、ウェスト・カウンティーのFace & Body では一時期日本人の女性が働いていましたが、ワシントン大学からは相当遠いのと、今でも居るかは全く不明です。

どうぜダメなら安く済ませる

この際格好なんか気にしてられない。とりあえず清潔感優先で襟足だけ切る。こういう方は、クレイトン・シュナックス横のGreat Clips では$5ほどで襟足ケアをしてくれます。また、それより少しはスタイルを気にするひとはDelmar & I-70 近くにあるSuper Cut が多少はレベルが高いそうですが、正直、どっちもどっちでしょう。

それでも何とか最低限は維持したい

セントルイスだから期待は出来ないとはいえ、やはりそれなりの見出し並レベルを保ちたい、と言う方は以下の美容室なら割と評判は良いです。

Dominic Michael (Clayton) 721-4230 -値段はチップなしでカット$40くらいです。切る方も切られる方もゲイの人が多いのは評判の良い証拠でしょう。医療関係者の女性(看護婦さん・女医さん)に聞く限り一番人気だと思います。

Philip Johnson Salon (CWE) 361-8003 -単に病院に近いだけかもしれませんが、ここで切ってもらうアジア人の男学生はよくいます。

ブレントウッド、Trader Joe's 隣にあるコスメ・ショップ内の美容室(名前忘れました)ーここで働くゲイのスタイリストさんは腕がいいそうです(裏づけなし)。

このエリアの情報は手薄なので是非皆さんコメント下さい。
[PR]

by medicinelounge | 2007-09-11 16:53 | LIVE  

セントルイスの住宅事情

よく「セントルイスではどの辺に住むのが宜しいのでしょう?」と聞かれることがあります。

(1)治安上の問題

セントルイスは野球のワールドシリーズでもデトロイトに勝って全米一に輝きましたが、治安の悪い街ランキングでも二位のデトロイトを抜いて一位に輝いています。これには統計の取り方上の問題などがあるため、必ずしも全米で一番危ない街ではないと思いますが、治安の問題は重要ですよね。

基本的にはセントルイスは「東低西高」で、フォレストパークをセントルイスの中心と考えると、それより東は治安が悪く、それより西は治安が良いと言われています。ワシントン大学医学部及びバーンズ・ジュイッシュ病院がフォレストパークの調度東に位置しているため、医療関係者部はセントラル・ウェスト・エンド(CWE)と呼ばれる、フォレストパークの直ぐ東のエリアに住みたがりますが、治安は必ずしも良いとは言えません。

ただ、本当に悪いのは、北セントルイス(文字通りセントルイスの北部)と、イースト・セントルイスと呼ばれるミシシッピ河を渡った向かい(ですので正確にはイリノイ州ですが)であると思われます。

また、セントルイス・シティー(フォレストパークの西端を南北に走るスキンカー通りより東)は平均的に治安が悪いため、税金や保険料も高く、特に車の保険はスキンカー通りの西と東では2倍近くも違います。

(2)エンターテイメントなど

東京など、他の大都市から来た方にはセントルイスは相当田舎に映るかもしれませんが、音楽やレストラン・バーなど、実はいろいろあります。エンターテイメントが重要なファクターである人には以下のエリアがいいのではないでしょうか。

ダウンタウン

このエリアは、ロフトと呼ばれる”いけてる”マンションが乱立しており、エンプティー・ネスターと呼ばれる、「子供も卒業したし、余ったお金で第2の人生を楽しもう」的な中年夫婦やヤング・プロフェッショナル、いわゆるヤッピーが多く移住してきています。

家賃はピンキリですが、1ベッドルームで大体800ドルから1300ドルくらいでしょうか。ロフトは建物によってアメニティーが大きくことなり、プールやジムの有無、駐車場の有無、窓の景色などいろいろなオプションがあります。どこも共通なのは天井が高く、工業的なデザインの内装、100年以上も前の建物をここ1-2年の間にリフォームした、といった点でしょうか。

エリア一般にはスポーツ観戦で行くことが多く、ブッシュ・スタジアム(野球)、スコッツデール・センター(ホッケー)、エドワード・ジョーンズ・ドーム(アメフト)などがあります。

また、ナイトライフは、近年の再開発が芽を出しつつあり、以前はダンスクラブが数件あったのみのワシントン通りも今ではバーやラウンジ、カフェなどが溢れています。ただ、週末以外は割りと静かです。

因みに、ダウンタウン近郊にはいくつか名ジャズクラブなどがありますが、その所在地は、自分で行ったことがないのでちょっと分りません。自分で探していくのはリスキーなので知り合いの人に連れて行って貰いましょう。

グラント・ストリート・エリア

割と安くアパートや家が借りれますが、場所柄、主にセントルイス大学関係者が多いのでしょうか。

エリアとしては、セントルイス大学などがある北グラントは、フォックス・シアター、パウウェル・シンフォニー・ホールなど、シアター地区と呼ばれていますが、そんなに大きなエリアではありません。因みに、フォックス・シアター裏にある近代美術館は、セントルイス最大の新聞、ポスト・ディスパッチを持つブリッツアー家が、日本の誇る安藤忠雄に注文して建てたもので、結構立派です(個人的にはそこで展示している芸術がいかんせん理解出来ないのが痛恨ですが・・・)

一方、南グラント(東西を走るアーセナール通りより南)はエスニックなエリアとして知られ、ジェイズ・スーパーと呼ばれるアジア食料品店(ちょっと汚いですが)を始め、あらゆるエスニック料理屋さんがあります。こういった店に歩いていける、コミュニティーっぽい、と好きな人は結構好きなようです。

因みに、お店的には、特に人気があるのは、フォーグラント(ベトナム)、キング&アイ(タイ)、サミーム(アフガニスタン)、カバーブ・インターナショナル(中近東)、ウェイホン(中華料理)などでしょうか。石水と呼ばれるお寿司屋さんも割りと好評です。一番の問題は駐車するのが難しい点でしょうか。そのエリアに住む連中は「全然平気」と言いますが、あまり治安も良いとは思えません。また、高速でなく、細かい道をこねこねと通勤しなくてはならないのも面倒です。

セントラル・ウェスト・エンド


上記の通り医療関係者、そしてナイト・ライフが充実しているため、ゲイの街としても有名ですが、その両方の理由で家賃は割高です。

基本的に、家は昔からのお金持ちの人が多く、あまりレンタル市場には出てきません。ただ、マンションを買おう(一般的に、在住3年以上でないと経済的には不利)という人には物件は結構あります。特に最近ではパーク・イーストなど、医者や家の管理に疲れた高齢者などをターゲットにした高級物件が増えてきていますが、どれも相当割高です。ワンベッドのマンションで30万ドルくらいが相場でしょうか。

また、賃貸マンションは結構豊富で、ピンキリですが、フォレストパーク・ホテル、メトロ・ロフト、モンクレア、パーク・フロンテナックなどは割高ですが便利です。ワンベッドルームで750ドル以上でしょうか。

クレイトン

ダウンタウン再開発前はこここそがセントルイスのビジネス地区として栄えていました(今も充分栄えてますが)。

クレイトン中心部は高級マンションが多く、治安がよい、レストランがたくさん、交通の便もよい、ということで非常に高いです。

ちょっとワシントン大学より、ワイダウン通りやフォーサイス通り近辺は高級住宅街で教授などがよく住んでいますが、古いマンションもたくさんあり、上手く綺麗な物件を見つけれればワシントン大学関係者にとっては非常に魅力的です。ただ、古くて内装もリモデルしてないような物件も大変多く、ひとつひとつ自分の足を潰して廻らないといけないのが難点でしょうか。


ブレントウッド

どこにでも車でいける(駐車場が必ずある)、モールがある、治安が良い、ホームレスがいない、ターゲットがある、ホールフーズがあるなど、アメリカのサバーバン・ライフ(バーブ・ライフ)が好きだけど、ミニバンに子供をたくさん乗せて走るサッカー・ママや、親の高級車を乗り回す高校生とは同じでありたくない、と言う人にはベストな選択でしょう。

無数のタウンハウスが密集するブレントウッド・フォーレストは評判がよく、ワンベッドで800ドルくらいでしょうか。経済的に余裕がある場合は、ブレントウッド・ヴィラはカージナルズの選手も何人かが住む高級マンションです。

(3)オリジナルを探す(応用編)

フォレスト・パークSE

これはバーンズ病院南の再開発地区で、今でこそスラムっぽいですが、これから数年の間に物件の値は必ず上がると思われています。今なら安く家が借りられ、病院には数ブロックなので本当に近いです。

黒人が多い=治安が悪いと思われがちですが、こちらでは年配の黒人が多いだけで、必ずしも治安が悪いとは言えません(殆どの犯罪はティーンエイジャーなど若者が起こすので)。

ガス・ライト地区

こちらはセントラル・ウェスト・エンドの北東。昔は栄えた名住宅街、といっても今は犯罪地区に限りなく近い再開発地域です。

ここでも最近、古きよき建物をリモデルして高級ロフトとして多くをレンタル・販売しています。昔は凄かったんだろうな、と感じさせる芸術的な建物が多いですが、いかんせん、現時点では幽霊化していて、あまり人を見ません。

それでも、こちらも今に値が上がると言われており、新しいロフトもイタリアン・デザインのキッチンなど、スタイルに重きを置く人には面白いエリアかも知れません。

犯罪地区に近いとはいえ、結構1人暮らしの女の子とかもいたりしますが、こればかりはどうにも予測つきません。
[PR]

by medicinelounge | 2007-09-11 15:45 | LIVE